HOME > 脂肪についてト

脂肪とは

脂肪とはそもそも何なのでしょうか。
お腹や二の腕、太もも、おしりなどを摘むとブニっとつかむことができるものを脂肪と呼んでいます。脂肪は付く部位によって、内臓脂肪と皮下脂肪に分類され、更に中性脂肪や脂肪酸、コレステロール、リン脂質の4種類に分けることができます。体内の脂肪の約90%は中性脂肪であり、脂肪吸引で排出できるのもこの中性脂肪です。

脂肪が身体に溜まる理由は、身体がエネルギーを貯蔵するためです。脂肪酸とグリセリンが結合することで中性脂肪になります。この中性脂肪が消化されることでエネルギーが生まれます。女性は特に妊娠、出産時に皮下脂肪が付きやすく、女性特有の丸いボディラインを形作るのも皮下脂肪です。適度に皮下脂肪がついていれば美しいボディラインに鳴りますが、余分についてしまうと肥満になってしまいます。

脂肪吸引では体内から直接脂肪を除去する方法と、体外からの影響によって排出する方法があります。直接除去する際は、脂肪を貯め込む脂肪細胞自体を吸いだすのでリバウンドのリスクが低いです。体外から超音波などを使用して脂肪を破壊する方法は、痛みなどがあまりない分、1回の効果は小さいものです。徐々に脂肪を減らしたい人に効果的です。

脂肪吸引は安全な痩身法ではありますが、必ずカウンセリングを受け、担当の医師の指示に従いましょう。また、脂肪は全て除去すればいいものではないので適度に留めるということを忘れては行けません。脂肪は身体のエネルギーになります。必要だから蓄えられるのです。無理な吸引は危険を伴うということをしっかりと認識しましょう。

皮下脂肪と内蔵脂肪

これから徐々に暑くなり、迎えるは夏本番です。露出が多くなる時期なので、体型を気にする人も増えてきます。体型に自信が持てないためにおしゃれを楽しむことができないのはとてももったいないです。

脂肪の種類
多くの人が悩む脂肪には、皮下脂肪と内蔵脂肪の2種類あります。それそれ、皮下脂肪は女性に付きやすく、内蔵脂肪は男性につきやすいという特徴があります。皮下脂肪は皮膚の真下に蓄積され、つかむことができる脂肪です。
ぷにぷにした部分を摘むとデコボコとして見える脂肪は全て皮下脂肪です。反対に内蔵脂肪は腹部の内臓の周りに蓄積されるので、脂肪がたまっていることが分かりにくいです。分かりにくいですが、内蔵脂肪は比較的消費しやすい脂肪なので、少し生活習慣を変えたり、食生活を変えるだけで減らすことができます。

脂肪吸引は皮下脂肪にだけ行うことができるので、女性の方が向いています。皮下脂肪は、自分ではなかなか消費できない脂肪です。いざとなった時に消費するために減らしにくい仕組みになっています。その脂肪を排出するために開発されたのが脂肪吸引なので、皮下脂肪にしっかり効果を表します。

なぜ女性は皮下脂肪が多いのか
女性には子供を産むために、出産を一番に間変えた仕組みになっています。
このため、女性は男性に比べて脂肪が付きやすいのです。しかし、女性に付くのは消費しにくい皮下脂肪です。出産を終えた後、体型が戻らない事があります。女性がいつまでも綺麗でいるには多大な労力が必要です。子育てしながら体型を戻すのはとても大変なので、脂肪吸引で少し楽をしてもいいのでは無いでしょうか。脂肪吸引は医師による施術なので、指示に従えば危険はありません。女性は年齢によって体型に特徴があります。特徴に合わせた施術を医師と相談の上、決めていきましょう。