HOME > アフターケアの役割

アフターケアの役割

脂肪吸引のあと、自分の理想の身体を作るのはアフターケアです。治療を行った機関によってはアフターケアまで付きっきりで面倒を見てくれるところもありますが、ほとんどの機関はある程度指示を出して定期的に様子を見ていくところが多いです。実際に脂肪吸引を受ける人の生活もあるため自分でできるケアと定期検診という方法が一番楽なのです。
アフターケアは脂肪吸引後の自分の身体を形作るためにもとても大切な過程です。どんなケアを行えばいいのか、ご紹介します。

アフターケアにはいくつか特徴があります。
脂肪吸引を行った後、多くの場合、皮膚が硬くなり、表面がデコボコになります。この現象を拘縮といい、皮膚が回復する際に起こります。この時、何もせずに拘縮が治るのを待つと、表面がデコボコのままだったり、皮膚も硬くなったままになってしまうので、マッサージなどを行って皮膚を正常に戻す必要があります。
その際、人の力では限界があるので機械を使用します。機械でケアを行うほうが早くデコボコが治ったり、セルフケアより効果が大きいです。機械でのケアは強制ではないので自分に合わないと思ったらやめることもできます。

アフターケアで大切なのはなぜアフターケアが必要なのか知っておくことです。脂肪吸引を行った後は組織がダメージを受けているため。通常の働きに支障を期待していることもあります。マッサージによって血行を良くし、身体の中で脂肪が燃焼するように整えなければなりません。更にリンパの流れも良くし、老廃物を流す効果もあります。

自分のライフスタイルに合わせて脂肪吸引できるまでに技術が発展しています。少し嫌煙していた人でも気軽にできる治療方法もあります。綺麗になるためには根性・忍耐・我慢という時代は終わりです。楽して綺麗になれる道もあるのだと知るだけでもいいので、興味を持ったら自分から調べてみるのもいいと思います。

脂肪吸引のその後

脂肪吸引について調べると、失敗例が思った以上に数多く検索されて驚く人も少なくありません。しかし、そのほとんどが認識が間違っており、脂肪吸引自体は安全かつ、効果の高いものになります。ではなぜ、脂肪吸引で多くの失敗例が検索されてしまうのでしょうか。

脂肪吸引の失敗例の多くは皮膚問題です。
脂肪吸引自体は成功しているのに、最後の余った皮膚を除去するところで問題になります。特に多いのが、吸引した部分替えデコボコになってしまうことです。
・吸引した部分がデコボコになる。
・皮膚がたるむ。
・施術用のテープによる肌の炎症。
・縫合の傷跡が残る。
上記に記載した以外の問題点もあります。

対策方法
一番の対策方法は、腕のいい医師を担当にすることです。口コミサイトでは満足度とともにどの医師による治療が良かったなどをコメントしている人も多いです。また、自分で気になる医師のもとに訪問して、直接相談してみるのもいいでしょう。各機関、実際に治療を始める前に必ずカウンセリングがあります。そこで不安に思う点などを相談しましょう。

注意点
脂肪吸引を行う際に注意することがあります。出産などを経験して、弾力のなくなった肌の下を脂肪吸引するとたるみの原因になります。また、高齢者の脂肪吸引の場合も同様です。その場合は脂肪を吸引しすぎないように注意しましょう。担当医師に全て任せるのではなく、自分でどんな体型になりたいかなどを具体的に伝えるためにシュミレーションしてみるといいでしょう。