HOME > 気になる箇所で選ぶ脂肪吸引

気になる箇所で選ぶ脂肪吸引

気になる箇所で選ぶ脂肪吸引


脂肪吸引と一言で言っても、全身どの部位でも簡単に吸引できるわけではありません。脂肪吸引自体も、メスを使用する切る脂肪吸引や、メスを使用しない切らない脂肪吸引など方法も多様に有ります。

脂肪吸引で人気の部位をおおまかに分けるとすると、顔、腕、背中、ウエスト、太もも、ふくらはぎになります。
〈顔にピッタリの脂肪吸引方法〉
顎の下についてしまった脂肪には極細のカニューレを使用した方法です。耳の後ろを少し切らなければなりませんが、本当に小さな傷なので目立ちません。

〈腕にピッタリの脂肪吸引方法〉
スッキリした二の腕が人気ですが、二の腕は少し柔らかいくらいがちょうどいいです。そのため脂肪を除去しすぎないように注意しましょう。そんな二の腕にあっているのが切らない脂肪誘引です。薬液で溶かして体外に排出する方法です。

〈背中にピッタリの脂肪吸引方法〉
超音波を利用するベイザー脂肪吸引がベストです。背中は広範囲なので、ムラなく脂肪吸引出来る方法がいいです。

〈ウエストにピッタリの脂肪吸引方法〉
キュッと引き締まっているウエストは女性みんなの憧れです。その憧れを実現するのがカニューレを使用した脂肪吸引です。どの機関でもメインはカニューレを使用した方法です。一番技術のノウハウが有ります。

〈太もも・ふくらはぎにピッタリの脂肪吸引方法〉
太もももふくらはぎも贅肉がつきやすい部位です。この部位は脂肪が付いている部位とついていない部位の差があるのでカニューレは不利です。ベイザーや脂肪融解注射などがお勧めです。

綺麗に痩せるためにはただ脂肪をなくせばいいというわけではありません。部位にあった方法を選ぶことでリスクを最小限に抑えることができます。

二の腕の脂肪吸引


二の腕は、体の中でも脂肪が付きやすく、気にしている女性は少なくありません。特に二の腕は、一度脂肪がつくと落ちしにくく、ついた脂肪で新陳代謝が悪くなります。
新陳代謝が悪くなると、血流が滞り、老廃物が溜まります。この老廃物がセルライトとなり、デコボコと肌表面に現れます。二の腕がタプタプしている方がいいと言う男性は多いですが、女性からしたら二の腕が太いだけで太って見えるし、夏薄着をする際、気になって仕方が無いです。

二の腕は、お腹や太ももに比べると使う機会が少ない上、使わないと、すぐに筋肉が衰えてしまう部位でもあります。そのため、脂肪吸引を行う人が多く、人気の部位となっています。

二の腕の脂肪吸引に適している方法は、切開してカニューレで吸引する方法よりも、外部から刺激を与えて脂肪を破壊し、排出する方法が向いています。体外から刺激を与える方法は主に超音波を利用した方法です。技術が進歩し、消したい脂肪層に超音波を当て、他の組織には傷を付けずに脂肪だけを破壊する方法です。また、少しスッキリさせたいだけの場合、超音波を利用した脂肪吸引ではうまく効果が出ないかもしれないので、脂肪溶解注射がお勧めです。薬剤を注入して、その名の通り脂肪を溶かし、体外へ排出させる方法です。

初めて脂肪吸引を受けようとしている人には、どんな方法が向いているかなんて分からないと思います。担当の医師に納得が行くまで相談し、しっかり理解した上で脂肪吸引を受けましょう。