HOME > 脂肪吸引とダウンタイム

脂肪吸引とダウンタイム

脂肪吸引のダウンタイム



脂肪吸引を行う上で、忘れてはならないのがダウンタイムの有無です。仕事や子育てをしている人は最もですが、生活する上でどれほどの支障があるのか、きちんと考えておく必要があります。

ダウンタイムとは、脂肪吸引した直後の治療の影響です。メスを使った脂肪吸引の場合は、痛みや腫れなどが治まるまでの時間を言います。人によって、施術を受けた脂肪吸引の方法によってダウンタイムもそれぞれですが、大体の目安は以下の通りです。

顔…腫れが2、3日。長い場合は1週間程度。
お腹…腫れや内出血が2、3週間程度。
太もも…腫れや内出血が2、3週間程度。
ふくらはぎ…腫れや内出血が1、2週間程度。
腕…腫れや内出血が1週間程度。

これは目安なのでこの機関で痛みが治まるわけでも、この期間中ずっと痛みがあるわけではなく、個人差があります。また、アフターケアによってダインタイムは短く、軽くなる場合もあります。

医師の指示に従うことがダウンタイムを短くする一番の近道です。脂肪を除去する部位によっては身体への負担がとても大きいです。安静にできる機関を十分に設けてから治療に望むことがお勧めです。中にはダウンタイムが殆ど無く、翌日から通常の生活ができる脂肪吸引法もあるので、自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか。

ダウンタイムが短い脂肪吸引



脂肪吸引には興味があるけど仕事を休めないから時間がない、という人はとても多いと思います。脂肪吸引を行う大半が女性ですが、女性の社会進出が盛んになってきた現在では、時間をとることはとても難しくなっています。そこで、施術後に時間をとらない方法をご紹介します。

・脂肪溶解注射
メソセラピーなどがあり、注射で薬剤を入れ、脂肪を溶かす方法です。メスで切らないので早い人は2,3日で元の状態に戻ります。また、劇的な効果は得られないので何度か行う必要がありますが、仕事をしていてまとまった時間を取れない人に人気です。

・リポコントラスト
加熱を冷却を繰り返して脂肪細胞を破壊している方法です。気になる部分を広範囲に、と言うよりはピンポイントで細くさせるときにおすすめの方法です。最新の技術で、身体に無理なく脂肪を排出できます。

・クール・スカルプティング
脂肪を凍らせて体外へ排出する方法です。脂肪だけを凍らせるので身体へのダメージはありません。また、リバウンドしにくい方法です。とても効果があり、安全性も立証されている人気の痩身方法です。

上記の方法は主に「切らない方法」です。メスを使用しないため、抜糸の必要がなく、ダウンタイムが短く済みます。メスを使った方法だとしても、部位によっては1週間以内で通常に戻ることもありますが、安全性を考えると余裕を持って治療できる方がいいでしょう。
方法によっては効果も高いので、切らない施術方法はこれから注目度も高くなりそうです。