HOME > 脂肪吸引の方法 2

脂肪吸引の方法 2

レーザー脂肪吸引とは



脂肪吸引の方法で、レーザー脂肪吸引という方法があります。レーザー脂肪吸引とは、脂肪を吸引する前にレーザーを照射し、脂肪を溶解してから吸引します。予め脂肪を溶解し吸引することで、合理的かつ施術時間が短く済みます。

レーザー脂肪吸引を大きく分けると2種類あります。スマートリポレーザーと呼ばれるものと、エルコーニアレーザーと呼ばれるものです。スマートリポレーザーは体内でカニューレから直接レーザーを当て、脂肪を溶解するのに対し、エルコーニアレーザーは皮膚の上からレーザーを当て、脂肪を溶解します。

レーザー脂肪吸引は合理的だとご紹介しましたが、メリットとともにデメリットもあります。
〈レーザー脂肪吸引のメリット〉
・施術時間が短い
・一度脂肪を溶解するので効果が高い。
・通常の脂肪吸引では困難な皮膚近くの脂肪吸引も可能。

〈レーザー脂肪吸引のデメリット〉
・施術時間が短くてもメスを使用するので麻酔は必須。
・腕の悪い医師によっては仕上がりにムラができる。
・一度の大量の脂肪吸引は不可。

どんな方法の脂肪吸引にもメリットとデメリットがあります。ダウンタイムが短いので、まとまった時間が取れない社会人などにおすすめですが、どんな施術を行うのか。自分で納得するまで調べ、担当の医師に相談しましょう。

フリーズファットとは



脂肪吸引の一つにフリーズファットという方法があります。その名の通り、脂肪を凍らせ脂肪のみを破壊する方法です。 脂肪を狙って施術を行うので他の幹部へのダメージはありませんし、施術する部位へのダメージも少ないため、痛みも殆どありません。

フリーズファットは、最近の技術が反映されたもので、海外では注目度の高い痩身方法です。特に気になる部分へ集中的に行うことが得意な方法で、小さな範囲に効果を出す際はとても大きな効果が出ます。小さな範囲に集中的に行うことが得意な方法ではありますが、広範囲の治療ができないというわけではありません。広範囲を行うと20万円ほどです。

フリーズファットの仕組みは、脂肪内のトリグリセリドという成分が、特定の温度で個体に変化する性質を利用しています。トリグリセリドは低音で固まるので、最初に温め、血液と脂肪を分解してから脂肪を凍らせます。痛みや冷たさもほとんどなく、ダウンタイムも必要ないので日常生活に支障が出ません。今までの脂肪吸引と比べるとリラックスして受けることができます。

メスを使用した脂肪吸引より効果は得られないかもしれませんが。切らない脂肪吸引の中では現在最も効果の高い方法として注目されています。効果も人によってそれぞれありますので、クリニックの医師に相談して、どれくらいの効果が得られるのかシュミレーションシてみるのもいいでしょう。クリニックの医師は、何人もの患者を見てきて、痩身方のプロフェッショナルです。例え小さな悩みだとしても親身に相談に乗ってくれるので、話してみましょう。