HOME > 脂肪吸引注意点

脂肪吸引注意点

脂肪吸引で痩せるための注意点
脂肪吸引で痩せようと決意した方、脂肪吸引はメリットの大きい細身術です。脂肪自体を吸い出しリバウンドがなく、苦しく辛い運動や食事制限の必要がないダイエットです。
だからこそ、注意しなければならないことがあります。

注意すべきこと
・施術前
施術前に注意するべきことは、持病や薬を服薬中の場合は必ず申し出ること。 脂肪吸引は部位によっては体に負担をかけてしまいます。医師に相談しないまま施術を受けることは大変危険です。持病があったり、薬を服薬しているから施術が受けられなくなる、というわけではなく、医師と脂肪吸引手術の計画を立てる上で必要なことです。

・施術中
施術中というよりは、施術直前の注意点です。脂肪吸引を受ける前日は食事制限があります。前日の夜12時を過ぎたら水を含めた全ての飲食が制限されます。脂肪吸引の際、麻酔を打ちます。麻酔の関係で胃の中を空に捨て置く必要があります。

・施術後
施術後はしっかりとしたアフターケアが必要です。麻酔も使っていますし、医師の指示のもと定期的な健診とマッサージを行いましょう。アフターケアによって理想のボディラインを形成することにつながるので、充実したサポートがある機関がおすすめです。

以上の注意点をしっかり守ることで安全かつ理想的な脂肪吸引が可能です。

脂肪吸引でなぜ失敗するのか

脂肪吸引について調べようとするとよく、失敗例などが出てきて、「やっぱり脂肪吸引は怖い!」と思ってしまう人は少なくないのではないでしょうか?
しかし、脂肪吸引は医師免許を持った医師による手術なので、基本的に失敗するということはありえません。では、なせ、失敗例があるのでしょうか?先ほども説明したとおり、脂肪吸引での失敗は基本的にありません。失敗してしまうのは、患者様自身が医師の忠告を聞かなかったり、医師免許を持たない人の治療を受けるからです。

◆脂肪吸引で失敗しないために
脂肪吸引には、メスを使用した「切る脂肪吸引」と、医療技術などを利用した「切らない脂肪吸引」の2種類あります。切る脂肪吸引に関しては、外科手術に含まれますので必ず医師による施術となりますが、切らない脂肪吸引は機械を使用するため、医師でなくても行えてしまいます。どんなリスクがあるか、しっかり把握しておく必要があります。

◆リスクを回避するには
1,担当医師を選びましょう。
医師の腕の良さで脂肪吸引の効果が大きく変わってくることがあります。評判のいい病院を選ぶより、評判のいい医師を選ぶようにしましょう。

2,アフターケア、アフター対応の充実
施術直後はなんともなくても、数日たったら異変が、なんてこともあります。そうなった時にきちんと対応してくれるところを選びましょう。

3,自分にあった脂肪吸引を
脂肪吸引には様々な種類があり、人によって脂肪の付き方、付く部位が違います。自分に合った脂肪吸引を行うことがリスクを回避する1番の方法です。脂肪吸引のそれぞれの方法にも得意、不得意があるので、医師と相談して進めるのもいいでしょう。

自分でも調べて、専門家にも聞くことで、脂肪吸引について詳しく知ることができます。ちしきがあるのと無いのとでは大きく違います。怖がっていても綺麗にはなれないので、自分から一歩踏み出してみましょう。