HOME > 脂肪吸引と安全性

脂肪吸引と安全性

脂肪吸引の安全性



脂肪吸引と聞くとイメージが先行してしまい、実際にどんな治療をしてどんな機器を使って、どんな効果があるか分からない人も多いと思います。

脂肪吸引はやたらと脂肪を吸引すればいいというわけではありません。身体のバランスをみて適度に吸引する必要があります。その判断をするのが担当の医師です。医師によるカウンセリングで自分の希望をしっかりと伝えることが安全な脂肪吸引につながります。

脂肪吸引では主にカニューレという道具を使用します。細い管のようなもので、体内の脂肪を吸い取ります。管を体内に入れるため、多少身体にメスが入りますが、実際、カニューレの太さは2.3mmです。カニューレを入れるために切るのもおよそ5mm程度です。更に目立たない部分から入れるので傷跡自体も目立ちません。

脂肪吸引は麻酔を使用します。部位や脂肪吸引を行う範囲によっては全身麻酔を行いますが、通常は局部麻酔で手術します。局部麻酔のため、手術中も意識を保っていることができます。また、期間によっては静脈麻酔を進められます。静脈麻酔は身体への負担が少ないのでより安全です。

現在では医療の発達により様々な技術が向上し、安全面も大幅に進歩しました。これは脂肪吸引にも言えることです。脂肪吸引は美容整形の一種のため、保険が効かないこともあります。そのため、安全面にはより考慮したいです。医療機関の評価などを参考にする他、カウンセリングなどを通して自分で判断しましょう。

脂肪吸引の向き、不向き



脂肪吸引を行うにも向き不向きがあります。脂肪吸引に不向きだからといって施術できないわけではありませんが、効果は出にくいかもしれません。そこで、どんな人が脂肪吸引に向いているのか、逆に向いていないのか、紹介します。

脂肪吸引とは、身体についてしまった脂肪を様々な方法で除去していく美容外科の一種です。脂肪吸引に不向きな人の特徴は、内蔵脂肪が多い人、体全体に脂肪が付いている人です。脂肪吸引は皮下脂肪に対する施術のため、脂肪を気にしている人でも、その脂肪が皮下脂肪ではなく、内蔵脂肪で悩んでいる人は、仮に脂肪吸引を受けても効果が得られないでしょう。
脂肪吸引は気になる部分を細くすることができますが、ダイエット方法ではないので、全体的に脂肪がついている人には根本的な解決にはなりません。減量したい人にとっても、脂肪を吸引しただけでは脂肪は軽いので、体重の変化は殆どありません。

脂肪吸引に向いている人の特徴は、皮下脂肪が多いこと、短期間で痩せたい人、部分やせをしたい人です。部分的に痩せて、体型のコントロールをすることが脂肪吸引の目的です。また、自分が脂肪吸引に向いいているかどうかは担当の先生に相談してみましょう。向いていない人でも、どうしたら良いか方向性を相談することをおすすめします。

どの機関でもある程度カウンセリングを行っています。自分の不安をしっかりと解消することで自分の中の満足度にもつながります。