HOME > 脂肪吸引の種類

脂肪吸引の種類

脂肪吸引と聞くと、身体の中にある脂肪を専用のチューブを使って吸い取るものだと思うかもしれませんが、現在の脂肪吸引は様々な種類があります。治療の翌日から効果を得られるものや、長期的に脂肪をなくす方法、手術を行わない方法もあります。
ここでは簡単にそれぞれの方法と特長をご紹介します。自分に合った方法で綺麗になりましょう。

◆カニューレを使用する方法
カニューレとは、脂肪吸引専用の管です。それを使用した脂肪吸引は文字通り、体内にカニューレを入れて脂肪を吸い出します。この方法は外科手術の一種で、医療期間で行われます。この方法は脂肪を貯め込む脂肪細胞ごと吸引するのでリバウンドがほとんどありません。

◆脂肪溶解注射
この方法は薬液を注射し、気になる脂肪を溶かして排除する方法です。楽して痩せることができるので注目を集めています。薬液の成分はタンパク質などで、脂肪を液化させ、最終的には尿として体外へ排出されます。

◆振動による脂肪吸引
ベイザーと呼ばれることが多く、超音波によって皮下脂肪を液化させ、カニューレで吸い取る方法です。皮膚の繊維や血管、神経に影響を与えないので術後、凹凸にならずに引き締まった身体になります。

◆水流を利用した方法
ウォータージェットやボディジェットと呼ばれる方法です。麻酔液と止血剤入のジェット水流で麻酔を浸透させ、脂肪を分解するのでダウンタイムが少ない吸引方法です。仕事をしている女性に人気の方法です。

仕事をしていたり、自分の状況によってはなかなか踏み切れない治療方法もあると思いますが、それぞれの特徴を知ることでライフスタイルに合わせた治療を選ぶことができます。

子供の肥満

モデルさんのように細くてきれいな体に憧れるのは、大人も子供も同じです。しかし子供のうちから太っているというのは、おとなになってから太るよりも大変なことなのです。

子供の肥満の原因
子供のうちから太ってしまう主な原因は、食生活の影響、公園などの遊具の撤廃、遊び場の減少などです。子供のうちから太るということは、一生太ったままということもありえます。 脂肪を貯め込む脂肪細胞と呼ばれる細胞は、成長とともに数を増やします。特に、体が成長する思春期に増えるので、この時に太ってしまうことが多いのでは無いでしょうか。

脂肪細胞は増えることがあっても、減ることはありません。運動や食事制限によって、溜め込んだ脂肪を燃焼することで小さくなることはありますが、数は減っていないので、油断するとすぐに元の大きさに戻ってしまします。これをリバウンドといいます。子供のうちから脂肪吸引をするのは難しいですが、出来ないわけではありません。切開する脂肪吸引は効果がありますが、傷が残ってしまうこともあります。普段から適度に運動するなどして脂肪を燃焼するようにしておくことが一番だと思いますが、体型の問題はいじめなどにつながることがあります。外側から刺激を与える脂肪吸引であれば、体への負担が小さく、大人でなくても施術を受けても問題ありません。

子供のうちから脂肪吸引なんて、と抵抗感を持つ人もいると思います。ですが、小中学生でも外見を気にする時代です。成長期に太ってしまうのはある意味同しようもないことです。脂肪吸引だけに頼るのは良くないですが、1つの手段として取り入れるべきではないでしょうか。