HOME > ベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引

脂肪吸引には様々な方法があります。メスを使用する方法や使用しない方法。自然循環で体外に排出する方法ヤ専用の道具を使用して排出する方法と様々です。その中でも身体に負担が少なく、効果が得やすいベイザー脂肪吸引をご紹介します。

ベイザー脂肪吸引とは
ベイザー脂肪吸引とは振動のエネルギーを利用して脂肪細胞のみに影響を与えて吸引する方法です。振動によって体内の組織から脂肪を遊離させ、脂肪のみ吸引するため他の組織にダメージを与えるリスクが減ります。
今までの脂肪吸引は体内でカニューレを動かしカニューレの先にある脂肪を吸引していたため皮下組織にダメージを与える可能性があり、仕上がりにムラができてしまうこともありました。ベイザー脂肪吸引はその心配がありません。

ベイザー脂肪吸引の効果は皮下脂肪の約90%を除去することが可能です。ベイザー脂肪吸引の仕組みによって皮下の繊維組織の構造を壊すことなく吸引できるからです。皮膚表面近くの脂肪まで除去が可能だということです。また、振動のエネルギーは硬くなってしまった脂肪を柔らかくする効果もあるので90%近くの吸引が可能になっています。

せっかく脂肪吸引するならリスクが少なく効果のあるベイザー脂肪吸引はとてもおすすめです。

超音波を利用した脂肪吸引

脂肪吸引の中には、超音波を利用した脂肪吸引があります。体内で超音波を当てる体内式超音波と、皮膚の上から超音波を当てる体外式超音波があります。体内式超音波は切開して行う方法に対し、体外式は身体の外側から超音波を当てる方法です。超音波がどう作用することで脂肪がなくなるのでしょうか。簡単にご説明したいと思います。

体内式と体外式がある超音波を利用した脂肪吸引ですが、体内式より体外式の方が人気です。体内式の場合、超音波による治療の際、熱が発生するので体内の組織が火傷をしてしますリスクが有ることに比べ、体外式は内部の火傷の心配がありません。また、切開など、大がかかりな施術を行わないため、身体への負担が軽いためです。
体外式の場合、直接皮膚に機械をあて、皮膚の下にある脂肪に超音波を当てます。超音波で脂肪を破壊する効果はありませんが、脂肪をほぐし、柔らかくするので細いカニューレでの吸引が可能です。

カニューレを使用しているので、多少のダウンタイムがあります。人によってダウンタイムの期間は変わりますが、1週間程度で終わります。他の脂肪吸引に比べると短いです。 脂肪吸引について不安に感じることがあると思いますが、脂肪吸引は基本的に医療行為なので安全な痩身法です。